コース価格だけ見てると損します

プログラミングスクールってそれなりに高いですよね。

コースや期間にもよりますが、だいたい10~50万円ほど費用がかかります。

期間は3ヶ月~ 6ヶ月のスクールが多いですね。

僕はスクールに合計60万円ほど払って通ってました。

運転免許を取得した頃の感覚を思い出しましたよ。

突然ですが質問です。

あなたはどちらのスクールを選びますか?

  • スクールA:3ヶ月間で30万。週に1時間のレッスンが2回
  • スクールB:3ヶ月間で20万。週に1時間のレッスンが1回

教材や講師の質、コース内容は同じとします。

もしあなたが「スクールB」を選んだなら、大損する可能性があります。

「えっ?Bの方が安いじゃん」って思いますよね。

違います。

重要なのは時間単位の価格です。

時間単位の価格とは

「コース価格」を「講師と一緒に過ごす合計時間」で割った金額

です。

この時間単位で比較しないといけません。

 

講師と一緒に過ごせる時間が重要

講師から直接教えてもらえる時間がどれぐらいあるかです。

先ほどの

  • スクールA:3ヶ月間で30万。週に1時間のレッスンが2回
  • スクールB:3ヶ月間で20万。週に1時間のレッスンが1回
では、スクールAは料金はスクールBより10万円高いですが週2回のレッスンを受けられます。
 

1ヶ月を4週と考えると

  • スクールA:2回 x 4週 x 3ヶ月 = 24回のレッスン
  • スクールB: 1回 x 4週 x 3ヶ月 = 12回のレッスン
となり、スクールAの方が倍の回数レッスンがありますね。
 
これを時間単位にすると
 
  • スクールA:30万円 ÷ 24回 = 1.25万円/回
  • スクールB:20万円 ÷ 12回 = 1.67万円/回
となり、スクールBの方が1回あたりのレッスン料が割高になります。
 
「まあ、そりゃ講師や教材の質が同じなら割安な方を選ぶんじゃない?それぐらいなら私でも計算できるよ」って思いましたか?
 
いえいえ、講師と一緒に過ごせる時間の量はプログラミングが身につくかどうかに関わるぐらい重要です。
 
なぜなら、プログラミング習得には考え方や考える過程が大事だからです!
 

プログラミングは考え方や考える過程が大事

6d3a2386bb04f6f5aafcc98324bf2900_s
おそらく時間単位と聞いても「ふーん、そうなんだ。あまりイメージがわかないなあ」って感じかもしれないですね。
 

質問ならいつでもできるし、直接講師と話せる時間の量がそんなに重要でしょうか?

レッスンの時にまとめて聞けばいいので、別に1回でも2回でもたいして変わらないのでは?

全然違います!

講師と直接話したり相談したりできる時間はかなり重要です。

なぜならチャットで何回質問したところで、返ってくるのは回答だけだからです。

うまく活用するためには、あなたの質問力が必要になります。

さらに、質問はチャット上で行い文章でやりとりする事が多いので、毎回文章を打つのは時間がかかりますし、あなたの文章力や読解力も必要になるでしょう。

文章でのやりとりには限界があるのです。

プログラミングは過程を大事にしないといけません。

あなたが

  • 普段どういう学習の仕方をしているのか?
  • どうやって考えたのか?
  • どこがネックになって理解できないのか?
  • 目的からずれてしまっていないか?

などは、直接講師と話す時間で確認、修正、調整、改善などを行います。

そのため、講師とどれだけ一緒に過ごし教えてもらえる時間があるかどうかは重要なのです。

まだあなたはスクールに通ったことないため、イメージがわかないと思います。

具体的な会話で例で挙げて解説します。

 

本当に必要な講師との会話

プログラミングを習得するために、講師と受講生の間で必要な会話って

  • 受講生:「検索してもなかなか答えにたどり着かないんですよねー」
  • 講師:「〇〇さん、検索は闇雲に行なっても力はつきません。基礎知識を学んで専門用語を覚えれば自然と身についてきますよ。
  • 受講生:「そうなんですか?それで本当に検索できるようになるんですか?」
  • 講師:「普段どうやって検索してますか?あ、そういうキーワードを使って検索してるんですよね。ここだってこの専門用語で調れば、ほら、すぐ欲しい情報が出てきます」
  • 受講生:「おー、本当ですね!確かに基本的な専門用語を覚えれば調べられますね!」

とか

  • 受講生「この部分がどうしてもわからなくて困ってます…」
  • 講師「そこがわからないってことは、この知識がまだ足りていないからですね。この基礎を学習しないとそこを理解するのは難しいです。」
  • 受講生「学ぶことが多くて、なかなか前へ進めないです…」
  • 講師「実は、そもそもそこを理解する必要ってないです。今やっている部分もここまで分かればOKですよ!そこから先はかなり専門的な内容になっていて今エンジニアの人が学ぶ領域なんです。」
  • 生徒:「そうだったんですか!無駄な学習をしなくてすみました!」

といった会話ではないでしょうか。

講師とこのようなやり取りをする方が大事だと思いませんか?

2人3脚で進めていって、効率のいい学習方法、エンジニアで必要な考え方などを身につけていき、どんどん成長していく自分を期待しているのではないでしょうか?

そのためには、学習過程を管理してもらい、考え方やどうやって考えるかという「過程」を教えてもらうことが大事なんです!

質問して回答もらうだけならプログラミングの質問サイトで行えばよくないですか?

なんでわざわざ高いお金を払ってスクールに入り、その中で質問をする必要があるんですか?

ほとんどの人は、講師から教わりたくてスクールを検討しているんじゃないんですか?

それなのに、質問はチャットで行い、講師とは週1回の1時間レッスンだけ。

あなたは何にお金を払おうとしているのか、今一度考え直した方がいいです。

スクールに高いお金を払ってまで入る大きなメリットは何か?

僕は講師から直接教えてもらえることだと思います。

コース価格を講師と一緒に過ごせる合計時間で割った時間単位で考えないと損します。

だって、プログラミングに関する質問は他の無料サービスでもできますから。

だって、基礎学習だけならprogateやドットインストール、市販の書籍でもできますから。

 

長い時間講師と過ごせるスクールの特徴

それでは、講師と一緒に過ごせる時間が長いスクールの特徴をご紹介します。

それは

  • キャンプや合宿などの短期集中コース
  • 週のレッスン回数が3回以上ある
  • 自習室があって講師が常駐している
の3つです。
 
キャンプや合宿は常に講師が近くにいるので、講師と濃厚な時間を長く過ごすことができます。
 
また、レッスンが週3回以上ならオリジナルアプリ作成をするにしても、適度に教えてもらうことができるでしょう。
 
「毎日がっつり学習するぜ!」って方は自習室があって、そこに講師が常駐しているスクールに通うのがベストです。
 
自習室に講師が常駐しているなら、分からない部分はすぐに聞く事ができます。
 
毎日濃厚な学習時間を過ごせるので、スクールの自習室が自宅や職場の近くにある方にはおすすめです。
 
スクールは都会が中心なので、地方在住の方は、週3回以上のオンラインレッスンがあるか、キャンプや合宿を行っているスクールを選ぶといいでしょう!