入学金を語るプログラミングスクールは一切信用しない方がいい

入学金って何のお金ですか?

僕は第一声でそう言いたいです。

コース料金や受講料を払うのは、教えてもらうことに対して支払うお金です。

その質や量によって料金が変化するのは理解できますし、納得できます。

しかし、入学金を支払うことで何のメリットがあるのかがさっぱり理解できません。

この入学金が何のお金か説明できないスクールは信用しない方がいいです。

何の価値に対してお金を支払うのかがわからないと、ただ単にお金をあげたのと変わらないからです。

 

何に対してお金を支払うのか

あなたはプログラミングスクールにお金を寄付したいのでしょうか?

違いますよね。

お金を払うからにはそれ相応の対価がないと納得できないでしょう。

それなのに当たり前のように「入学金」という言葉が使われています。

はっきりいって意味がわかりません。

ただ、以下の場合なら納得できます。

入学したら

  • あなたのために、新しいPCの準備をしてくれて貸し出してくれる
  • あなた専用の学習スペースを用意してくれる
  • あなた専用にモニターを貸し出してくれる

など、入学者が増えると費用が裏で発生するので、最初にそれらの固定費分を一部顧客にもってもらう。

これなら納得できます。

自分専用のPC、学習環境などを用意してくれるなら自宅で用意する必要がありません。

自宅で用意するなら、結局お金を使って用意しないといけないので、それが安く済んで代わりに準備までしてもらえるなら安上がりだからです。

これなら入学金として初回にお金を支払うことは理解できますし、納得もできるでしょう。

 

多くのスクールはあなたの無知を利用しているだけ

プログラミングスクールは競争が激しくなってきた上に、まだ発展途上の業種です。

無理やり顧客を獲得しようと、口先ばかりの営業や商売文句が先行してきています。

多くのスクールは「あなたが無知なのをいいことにそれを利用しているだけ」です。

一般的に、「スクール」「ジム」「職場」などは実際に入って体験しないとわかりません。

ネットでどんなに調べようが、誰にどんな話をいくら聞いても、あなたに合っているかどうかなんて入ってみないとわからないんですよ。

それをいいことに、うまく言いくるめて入学させようとするスクールが多いみたいで、失敗した、後悔したという口コミや書き込みが増えています。

事前に、入学して実際に体験できるスクールがないのも問題ですけどね。。。

わかってるくせに。

そういうサービスがないのって、自信がないからです。

まともに最低限のサービスすら提供できていないスクールが多いですからね。

そりゃそうです。

教育業ってめっちゃ難しいから!

何十年もやっている有名な高等学校や予備校ですら、なかなか解決できず悩み続けている問題が多数あります。

それなのにぽっと出のスクールが、教育業界のことも知らない人たちで運営したって無理ですよ。

ちゃんと入学者のことを考えて仕組みを0から作っていかないといけないので。

スクールを検討しているあなたは「プログラミングスクールの実態」を知らないといけません。

ためしに「プログラミングスクール 実態」でGoogle検索してみてください。

誇大広告やなんやらでかなり評判悪いです。

スクールは広告にお金使わないで、実をつける方にお金使って欲しいですね。

システム作るとか、もっとカリキュラムを磨くとか。