プログラミングスクールにいけば誰でもエンジニアになれる?

おそらくプログラミングスクールが放つ誇張された広告が原因でしょう。

「スクールにいけば誰でもエンジニアなれる」

って思ってる方が多いです。

それならまだしも「1ヶ月でRails」とか「3ヶ月でバックエンドとフロントエンドも」とかめちゃくちゃです。

できるわけないから!

それが本当にできるぐらい優秀なら、トップクラスの企業からスカウト来ててもおかしくないですね。

まずスクールに来る必要がないです。

誇張された文言を使っているスクールは一切信用しないようにしましょう。

良いことばっかり言ってるところはろくなところないです。

発展途上のプログラミングスクール業界において、「自信を持って言える良いこと」なんてまだないんで。だ

 

運転免許の教習所ではない

これもどこからそうなったのかがわかりませんが、スクールにいけばエンジニアになれると思っている方が多いです。

完全な間違いです。

運転免許の教習所のように、30万前後のお金を払って、通い続ければ資格が取得できるなんて思ってはいけません。

エンジニアになれることを保証している、保証できるぐらいちゃんとしっかり教えているスクールなんて、まだこの業界には存在しません、

独学サポートの形式しかないのに、保証なんてできませんよ。

保証します!って言ってるところありますが、何をどこまで保証するのかわかりません。

「結局はあなた次第」って言われて終わりではないでしょうか。

 

運転免許取得の100倍広く、100倍難しい

これは自分の体感ですが、未経験者がエンジニアになるのは、運転免許取得と比較して100倍ぐらい難しいです。

なぜ難しいといえるのか?

  • ITは基礎の範囲が広く、それぞれが専門分野としてあるぐらい深い
  • 指標や基準があいまいで、バラバラ
  • 目的によって必要なスキルや知識が変わる

など、こういった理由があります。

運転免許取得の比ではないです。

基礎をやっていないと、話にならないぐらい全然理解ができず挫折することになります。

まずは、基礎知識をしっかり学び土台を作らないといけません。

その基礎を身につけるのに何をやっていいかわからない、どこまでやって良いかわからないという方は、スクールにいっても良いとは思います。